月の女神のweddingの彩色:2013年9月26日

友達のweddingのために、絵を描き始めました。
下書きを友達に見せたところ、こんな素敵なweddingのイラストを見たことがないと、とても喜んでくれました。
友達のために描いているので、彼女が気に入ってくれたので、ほっと安心してスタートしました。

今回のテーマは、黄色です。
秋らしく、しあわせな色に彩色したいと思っています。

私のイラストは、おおまかなラフを描いたあと、フォトショップで調整していき、配置や構図などが、まとまったあとで、ラフをライトボックスを使用して、トレースしながら、細やかな模様や不自然なとこを修正しながら、下書きを整えてきます。
その下書きのイラストを水彩紙の裏に貼り付け、ライトボックスを使用し、トレースしながら、直接色をつけていきます。
だから、えんぴつのような線は、残しません。
すべて水彩えのぐとパンパステルだけで仕上げていきます。
そうすることによって、線がすっきりした感じになるので、色々試してみた結果、今の手法にたどり着きました。
今のところ とても順調ですが、万が一失敗した時にも、トレースしている下書きのイラストがあるので、まったく同じにじみは表現できないにしても、同じように描けるというわけです。
また、紙に直接下書きしない理由は、もうひとつ ラフの勢いをそのまま残したいからです。

IMG_20130926_140924
たくさんの色を使うのが特徴なので、普通のパレットでは収まりません。
また、同じ色をたくさん使用するので、たまごパックを使用しています。