ぶろぐ

新着記事

2021年2月28日
インタビューを受けました。


2021年2月26日
くまのこノアくん「いただきます」


2021年2月25日
PICTUREBOOK GALLERY RiREさんの本棚


2021年2月25日
くまのこノアくん「はみがき」


2021年2月23日
くまのこノアくん「元気にできるかな?」シリーズ


2021年2月22日
雪の中のスノーマン


2021年2月21日
まじょの森


2021年2月20日
Gallery Vieさんの絵本を置いてくださっている棚


2021年2月20日
開風社 待賢ブックセンターさんの本棚


2021年2月20日
雑誌で連載して絵本を公開します!


アーカイブ

  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年11月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • Twitter(RokoColorBox)
    Instagram(roko.illust)

    ★Twitter
    (りんご園のリップとプップ)
    ★Facebook
    (りんご園のリップとプップ)

    LINEスタンプ発売中
    絵本のような毎日

    私が描く 絵本「ブレーメンのおんがくたい」:2018年5月24日

    ももくろちゃんZ 音育絵本 みつけて!オノマトペ

    ブレーメンのおんがくたいは、
    行き場をなくした動物たちが仲間をみつけ、
    協力しあい自分の居場所を見つける素敵なお話です。

    絵本の見せ場は、やっぱりこのページかな?と思うのですが・・・

    とても有名な名作ですから、いろんな方が絵本として描いています。
    図書館で、いろんな方が描かれた「ブレーメンのおんがくたい」を借りて来て、読みました。
    どれも違う良さがあって、面白いのです。

    もうすでに何冊も出版されている絵本です。
    だから、私は、どんな風にこの物語を見せたいだろう?
    とずっと考えながら、アイデアを練りました。

    キャラクターの個性と、どの場面をどんな構図で描くのか?
    お話が進んでいくなかで、変化していく景色(昼→夕方→夜→明け方→昼)の様子も魅せたいなと思いました。
    そして、美しい絵本にしたいと思いました。

    このお仕事から、水彩紙を変えたこともあって、描きたい世界を描くことができました。

    私の場合 こんな「ブレーメンのおんがくたい」の絵本になりました。














    読んでいただけたら、嬉しいです。