ぶろぐ

新着記事

2022年1月22日
ほっこり絵本の時間


2022年1月21日
絵本が読まれたよ!


2022年1月21日
矢作白鳥幼稚園さま 幼稚園バスラッピング


2022年1月6日
あけましておめでとうございます 2022


2021年12月15日
月と星空のクリスマス


2021年11月26日
個人さまのイラスト制作や絵本制作のご依頼について


2021年11月25日
幼稚園バスラッピングのご依頼について


2021年11月21日
オンラインショップ1周年


2021年11月4日
ウミガメ物語


2021年9月29日
新作LINE着せかえ「着物ウサギ」


アーカイブ

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年11月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • Twitter(RokoColorBox)
    Instagram(roko.illust)

    ★Twitter
    (りんご園のリップとプップ)
    ★Facebook
    (りんご園のリップとプップ)

    LINEスタンプ発売中
    絵本のような毎日

    関西ウーマンインタビューに、掲載していただきました。:2016年11月21日

    関西ウーマンインタビュー
    水穂 弘子(Roko)さん(イラストレーター、絵本作家)
    cre_roko_top

    先日インタビューを受けました。
    内容は、「私がイラストレーター、絵本作家になるまでの道のり」です。
    自分を振り返ると、いろんな思いもよみがえってきます。
    話ししているうちに、初心に戻ったような気持になりました。
    だから、インタビューのお話を受けて、本当によかったと思いました。

    こうなりたいと思う気持ち
    夢を語ることは、時に恥ずかしい。
    本当になりたいものは、人に話せないこともあります。
    はじまる前から、諦めてしまうこともあります。
    でも、なりたい気持ちは、自由だと気が付けば、
    その道を進めるように努力すれば、少し近づけるような気がします。

    最初から、開けた道があるわけではないのです。
    少しずつ少しずつ

    必然と思える出会いと、変わっていく私。
    まだ夢の途中ですが、よかったら、読んでください。