夢みる舞踏会:2016年12月11日

ぬりえBook「グリム童話の不思議な世界」は、
グリム童話の中から、厳選した41話を取り上げていますが、
その中でも最初のページについて、お話したいと思います。

やはり一番最初にどの童話を持ってくるか?というのは、
とても重要になってきます。
だって!そこが入口なのですから!
やはり夢があり、馴染みのあるお話であるべきだと思います。
そこで、最初のページは、灰かぶり(シンデレラ)と決まりました。

私は、童話の挿絵のように描きたいという強い思いがありましたから、
同じ童話で、複数描く場合は、物語の進行に添ったものにしたいという思いがありました。
そうすると、灰かぶりは、お姉さんにイジメられたり、こき使われるシーンから始まることなります。
しかし、それでは夢がない。最初のページは、夢があるべきだ!
「舞踏会がよいでしょう。」という編集部からの指摘を受けました。
それでは、物語の進行と違ってしまう・・・
夢のあるページにするためには、どうしたらいいのか?とても悩みました。
そして、童話を読み返し、灰かぶり(シンデレラ)の思いに寄せてみます。
灰かぶり(シンデレラ)は、舞踏会へ行きたい。
私も行ってみたいと夢を見ていたのですから・・・
その夢の世界を描こうと思いました。
そうすれば、最初のページに舞踏会を描いても、不自然さはないと考えました。
左上に、掃除の合間に、ネズミと踊りながら、舞踏会の夢を見ています。
その夢の中では、舞踏会のごちそうや、王さまや王女さまのひそひそ話。
向う側には、扇子で顔を隠していますが、灰かぶり(シンデレラ)の悪口を言っているお姉さんがいます(笑)
そして、灰かぶり(シンデレラ)に見とれる人々などを描きました。

制作工程は、こんな感じで進めて行きました。

1.ラフ
かなりざっくりしていて、びっくりしました?
ものすごく雑です(笑)構図をずっと探って、
かなり苦戦したページだったので・・・
次の2.下書きへの変化がすごすぎですよね?(笑)
p23-%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%ac%e3%83%a901%e3%83%a9%e3%83%95%ef%bc%89

2.下書き
かなり描きこんだので、舞踏会の華やかさが伝わるかな?
%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%ac%e3%83%a901%e4%b8%8b%e6%9b%b8%e3%81%8d%ef%bc%89

3.ペン入れ
ペンで描きなおすことで、線がすっきり整理されました。
p23-%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%ac%e3%83%a901

このような手順で、95ページを描きおろしました。
どのページも、とてもこだわりのあるものです。
ぜひ見てくださると嬉しいです。

誰かの大切な1冊になりますように!

ぬりえBook「グリム童話の不思議な世界」Roko/コスミック出版
ISBN978-4-7747-8270-6
全国書店にて発売中

ぜひ書店で、ご覧くださいね。
nurie

amazon購入ページは、★こちら★